YouTubeアドセンス狩りの対策!やり方と不正クリック防止2016

YouTubeにはある程度チャンネル登録者数や再生回数が伸びてきて、ある程度有名になってくるとアドセンス狩りの被害に遭ってしまう可能性が高くなってきます。

アドセンス狩りとは、単にイタズラ目的やチャンネル自体の収益を無益化する目的で不正なクリックを意図的に行い、アドセンス広告違反でペナルティを発生させる悪質な行為のことです。

このアドセンス狩りでペナルティにならないようしっかりと対策をやっていきましょう。

アドセンス狩りの対策!

Googleアドセンス広告は大きくわけて2種類あり、ブログ等に広告画像を貼り付けるアドセンスブログ広告とYouTube上に表示されるYouTubeアドセンス広告があります。

今回は、それぞれのアドセンス広告のアドセンス狩り対策のやり方について説明していきたいと思います。

アドセンスブログのアドセンス狩り対策

アドセンスブログは、1回あたりのクリック広告単価が平均20~30円以上と高額になっています。

なのでアドセンスの規約上で不正に自分でクリックしたり、不自然にクリック数が増えた場合はペナルティの対象となり、ペナルティになってしまった場合は即時に収益が0円となってしまいます。

アドセンス狩りの常套手段として、意図しない別のサイトに自分のアドセンス広告を貼り付けられる行為が最も多いです。

ですので、任意に設定した自分のサイト以外では広告のクリックがカウントされないよう設定し、不正クリックの防止対策をやっていきましょう。



まず、こちらからGoogleアドセンスの管理画面にログインし右上の『歯車のマーク』内の『設定』をクリックします。



次に、『アカウント』の『サイト管理』項目をクリックします。すると上記画面が表示されますので、枠内に広告を掲載したいURLドメインを入力します。

「http://」は省きますので、このサイトの場合でしたら「zaitakuoffice.com」ということになります。



ドメインを入力したら『サイトを追加』をクリックします。



すると、上記のようにドメインが追加されました。

ドメインが追加されたら、追加したドメインのみ広告コードの使用が許可されるよう設定していきます。



上記のように右上に以下項目がありますのでチェックを入れたら、完了です。

広告コードの使用許可を有効にした場合は、自分の別のサイトにアドセンス広告を掲載する際に都度登録が必要になりますので忘れないようにしましょう。

YouTubeのアドセンス狩り対策

YouTubeのアドセンスは基本的にYouTube上に表示されますので、別の動画で自分の広告が表示されるといったことはありませんが、意図的に不正クリックをされてしまう場合もあります。

ですので、対策としてはあまりアンチを作りすぎない動画を心がけるのが一番に挙げられます。

炎上目的で動画をアップロードし、再生回数を稼いでいるYouTuberも存在しますが、ペナルティのリスクと常に隣り合わせの状態です。

チャンネルやアドセンス広告がペナルティによって無効化されてしまった場合は、収益がゼロとなってしまうので意図的に敵は作らないようにしておきましょう。

無料メルマガの購読はこちら!
無料メルマガ

上記のメルマガでは、ネットビジネス初心者が副業でも毎月10万円以上稼げるジャンルを厳選し、マルチな運営とコンサル指導を実践してきた私が、あなたのライフスタイルに最も適したノウハウを提供します。メルマガ購読者を優先的にLINEでの個別サポートもおこなっています。
その他のご質問やご要望に関してもお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

友だち追加
QRコード
@zaitakuで検索
@まで含めてください

コメントを残す

このページの先頭へ