アドセンス広告掲載数の上限が廃止撤廃!メリットデメリットは?

2016年の8月中旬ごろから、Googleアドセンス広告の掲載数の上限が廃止になりました。

これまでは、1ページ中に広告掲載は3つまでと決まっていましたが、その制限が無くなった為ユーザー側で掲載数を判断できるようになります。

今回は、アドセンス広告の上限撤廃のメリット、デメリットや4つ以上掲載する際の注意点等をまとめていきたいと思います。

アドセンス広告掲載の上限撤廃に伴う規約の変更

まず、ご存知の通りGoogleアドセンス広告は1ページに3つまでと決まっていたことは周知の事実でしたが、それが明記されていたのはアドセンス広告の規約となるアドセンスのポリシーに関するヘルプページです。

この度広告掲載の上限数が撤廃されたことで、このヘルプページに記載されている規約も変更されていました。

まず、以前まで記載された旧規約ページがこちらです。



明確に、広告掲載数について以下の明記がありました。

  • コンテンツ向けAdsenseユニットは3つま
  • リンクユニットは3つまで
  • 検索ボックスは2つまで

次に、新しく改変された新規約のほうを見ていきましょう。



掲載数に関しての明記はない代わりに、『広告や有料の宣伝用資料は、配信するページのコンテンツよりも多くなってはならないものとします。』との記載されており、上限が撤廃されていることが分かります。

変更点をまとめると以下のとおりです。

  • 広告の掲載数については、触れられていないこと
  • コンテンツとして価値のあるページにしか掲載が許可されていないこと
  • 過度な広告掲載が確認された場合は、修正が施されるまで表示を制限するか無効にされる場合があること

アドセンス広告規約改変のメリットとデメリット

アドセンス広告の規約が改定され、広告の掲載数に上限が設けられなくなったことでアフィリエイターには、賛否両論の声が上がっています。

規約改変に伴うメリットとデメリットを考えていきたいと思います。

アドセンス広告規約改変のメリット

まず、規約改変で広告の掲載数の上限が撤廃されたことで、4つ以上の広告掲載ができるようになりました。

そのため、単純にユーザーへの広告の露出が増えるのでクリック数が増加し収益が伸びる可能性があります。

基本的に旧規約の1ページに掲載できる広告上限数3つの時には、記事上と記事中、そして記事下の場所に広告を設置するのがセオリーでした。

広告の設置方法についての記事はこちら⇒アドセンス広告を記事下と関連記事上の間に設置する方法

ですが、3000文字以上のボリュームのある記事を書いた際には、記事中に1つだけだとどうしてもコンテンツに対して広告の露出が減ってしまいます。

ですので、今回4つ以上の広告掲載が解禁されたことは、広告の露出が増えるという点で非常にメリットが大きいと言えます。

アドセンス広告規約改変のデメリット

規約改変に伴って、広告掲載数の上限の記載がなくなりましたが、逆にいうと明確な規約がなくなったことで今まで以上に掲載する際に注意が必要だということです。

新規約には『広告や有料の宣伝用資料は、配信するページのコンテンツよりも多くなってはならないものとします。』とだけ明記されており、過度な広告掲載をおこなってしまうと制限が掛かってしまってしまうほか、最悪ペナルティとして以降広告が掲載できなくなる可能性もあるということです。

1000文字程度の記事に対してアドセンス広告を10個も20個も掲載するようなことがあれば確実に何らかの制限やペナルティを受けることになるでしょう。

アドセンス広告を4つ以上掲載する際の注意点

アドセンス広告を4つ以上掲載する際の注意点をまとめておきます。

アドセンス広告の掲載上限数がなくなったといっても、むやみやたらに掲載数を増やしたり同じ場所に広告をいくつも掲載してしまっては、すぐにペナルティの対象となってしまいます。

同じ位置に広告を掲載しない

広告の設置場所は、広告がクリックされやすい位置の記事上、記事中、記事下が適当ですが、同じ場所に連続した広告リンクを貼らないようにしましょう。

要は、もし6つの広告を掲載しようと考えた場合は、記事上、記事中、記事下の位置にバランスよく広告を配置するということです。

記事上だけに、6つ広告を掲載するのは明らかに不自然でありコンテンツとしての評価が下がるため、結果的にペナルティの対象となってしまいます。

10個以上のアドセンス広告は設置しない

アドセンス広告の掲載数は新しく制定された規約上では上限が設けられていませんが、コンテンツ量に対しての広告の割合を考えた場合に、アドセンス広告は最高でも6~8つまでとしておいた方がよいでしょう。

あまり広告数が多すぎても、広告のRPM(見積もり収益額をページ ビュー数で割り1,000を掛けた値のこと)が低くなり、かえって以前より収益が低くなってしまうことも考えられます。

具体的な記事の設置の仕方は、次の記事でお話していきますね。

無料メルマガの購読はこちら!
無料メルマガ

上記のメルマガでは、ネットビジネス初心者が副業でも毎月10万円以上稼げるジャンルを厳選し、マルチな運営とコンサル指導を実践してきた私が、あなたのライフスタイルに最も適したノウハウを提供します。メルマガ購読者を優先的にLINEでの個別サポートもおこなっています。
その他のご質問やご要望に関してもお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

友だち追加
QRコード
@zaitakuで検索
@まで含めてください

コメントを残す

このページの先頭へ