PS Auto Sitemapの使い方を順序よく設定!表示されない場合は?

PS Auto Sitemapのプラグインを使えば、サイトの目次を簡単に作成することができます。

いわゆるサイトマップと呼ばれるものですが、サイトマップを作成することでユーザーが記事を閲覧しやすくなり、ユーザビリティの向上につながります。

今回は、PS Auto Sitemapの使い方順序よく設定していきます。

また、PS Auto Sitemapでサイトマップを作成後に、正常に表示されない場合の対処法についても解説していきます。

サイトマップには2種類あり、今回のユーザー用サイトマップと検索エンジンのクローラー用サイトマップがります。

クローラー用サイトマップを作成する方法は別の記事で解説しています。

こちら⇒Google Search consoleでXMLサイトマップを登録する方法

クローラー用のサイトマップもサイト運営では、非常に重要な位置づけとなるので作成しておきましょう。

PS Auto Sitemapをインストールし有効化

まずは、PS Auto Sitemapのプラグインをインストールし、有効化しましょう。

プラグインのインストールと有効化の手順がわからない方は、以下をご覧ください。

こちら⇒WordPressプラグインのインストール方法と有効化の手順を解説

PS Auto Sitemapの設定

PS Auto Sitemapのインストールと有効化が完了したら、ワードプレス管理画面内のダッシュボードから『設定』を選択し『PS Auto Sitemap』をクリックします。



すると、以下の画面になります。



任意の設定にチェックマークを入れて、『設定を保存』します。基本的には、デフォルトのままでよいでしょう。

そして、画面下にある『<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>』のコードをコピーします。※全て半角です。

次に、ダッシュボード内の『固定ページ』を選択し、『新規追加』をクリックします。





タイトルに『サイトマップ』と入力し、パーマリンクは『sitepaps』としておきます。

本文に先ほどコピーした『<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>』のコードを貼りつけます。

『公開』をクリックして記事を保存します。

公開するとURL欄に『http://~/wp-admin/post.php?post=○&action=edit』と表示されています。



この『post=○』の○の数字をメモしておきます。画面の以下画面の場合であれば「11」となります。

次に、最初に設定したPS Auto Sitemapの設定画面に戻ります。



サイトマップを表示する記事』項目に「post=○」の○の数字を入力します。

入力したら『設定を保存』をクリックし設定を保存します。

以上で、サイトマップの作成が完了です。

作成したサイトマップのURLを任意の場所に設置していきましょう。

サイトマップが表示されない場合は?

PS Auto Sitemapでサイトマップが表示されないというご質問が最も多いのですが、

サイトマップを表示する記事』項目に「post=○」の○の数字を入力していないか、間違った数字を入力している場合がほとんどです。

サイトマップが表示されないという方は、上記の点に注意しサイトマップの設定を確認してみましょう。

無料メルマガの購読はこちら!
無料メルマガ

上記のメルマガでは、ネットビジネス初心者が副業でも毎月10万円以上稼げるジャンルを厳選し、マルチな運営とコンサル指導を実践してきた私が、あなたのライフスタイルに最も適したノウハウを提供します。メルマガ購読者を優先的にLINEでの個別サポートもおこなっています。
その他のご質問やご要望に関してもお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

友だち追加
QRコード
@zaitakuで検索
@まで含めてください

コメントを残す

このページの先頭へ