トレンドブログにおすすめのWordPressプラグイン一覧24選!

WordPressの最大のメリットといえば、プラグインを利用してサイトの機能的価値を簡単に向上できることです。

CSSの知識がなくてもWebのデザインをより良いものとすることができます。

今回は、トレンドブログを運営していく際に役立つ厳選したプラグイン24選を紹介していきます。

WordPressプラグインと注意点

WordPressプラグインは、ワードプレスをインストールしているサイトであれば基本的に無料で使用できる機能となっており、これがWordPress最大のメリットともなっています。

プラグインは直訳すると『差し込み口』や『差し込む』という意味になりますが、IT業界ではプログラムを拡張するという意味合いで使われています。

要するに、プラグインを使うことでより機能を便利に使うことができるということです。

WordPressでのプラグインの役割として、サイトの見た目をよくするサイトデザインの向上やサイトの表示速度を早めたり機能的価値の向上、ユーザビリティの向上が期待できます。

また、初心者でも扱いやすいという点が魅力でもあります。

しかし、注意点もありプラグインをむやみやたらに多数インストールしてしまうとサイトの読み込みが遅くなり結果的にユーザビリティが低下してしまうことになってしまいかねません。

プラグインをインストールする数は25~30個ぐらいとしておくのが良いでしょう。

WordPressのプラグインは基本的に無償で製作者が提供していますが、なかには使用者の個人情報やサイトを破壊するウィルス拡散の目的で配布している悪質な提供者もいます。

ですので、プラグインをインストールする際は口コミなや評判をしっかりと調べたうえでインストールするのが大切です。

今回は、その手間を省くために私がおすすめするトレンドブログ運営におすすめのWordPressプラグインを紹介していきます。

基本的にはWordPressがインストールされているものであれば、テーマが何であれ使用できます。

WordPressプラグインのインストールと有効化の方法

WordPressプラグインをサイトに反映させるためには、WordPressのプラグインと有効化が必要となります。

まずは、WordPress Related Postsのプラグインをインストールし、有効化する方法をマスターしておきましょう。

こちら⇒WordPressプラグインのインストール方法と有効化の手順を解説

Multi Plugin Installerでまとめてインストールと有効化

個別にWordPressプラグインをインストールする際は、1つ1つプラグインをインストールし有効化すればよいのですが、複数個まとめてプラグインをインストールし有効化したい場合は、Multi Plugin Installerというプラグインを使用すれば簡単にまとめてプラグインをインストールし、有効化することができます。

使い方については、別記事で解説しています。

こちら⇒Multi Plugin Installerの使い方!プラグインを一括インストール

また、これから紹介するWordPressプラグイン名を記載しておきますので、まとめて導入する際はコピーしてお使いください。

AdSense Manager
Akismet
brBrbr
Broken Link Checker
Category Order
Contact Form 7
EWWW Image Optimizer
Google XML Sitemaps
Newpost Catch
No Self Pings
Master Post Advert
Pretty Link Lite
PS Auto Sitemap
Table of Contents Plus
WordPress Ping Optimizer
WordPress Popular Posts
WordPress Related Posts
WP-Copyright-Protection
WP-PageNavi
Wp Pagenavi Style
WP Fastest Cache
WP Hyper Response
WP Multibyte Patch


トレンドブログにおすすめのWordPressプラグイン一覧24選

トレンドブログにおすすめのWordPressプラグイン24選を紹介していきたいと思います。

AdSense Manager

AdSense Managerのプラグインは、記事中にアドセンスブログを簡単に表示させることができます。

詳しい使い方は、以下の記事で解説しています。

こちら⇒AdSense Managerインストール方法と表示されない場合の解決策

Akismet

Akismetのプラグインは、WordPressをインストールした時点で初めからインストールされているプラグインです。

有効化するだけでブログのスパムコメントを判別し、自動で除外してくれる便利なプラグインです。

スパムコメントはわずらわしい他、SEO的にもマイナスに働きますのでプラグインを有効化しスパム対策をしておきましょう。

Akismetを利用するには、APIキーが必要になります。APIキーを無料で取得する方法については以下の記事で解説しています。

こちら⇒AkismetのAPIキーを無料で取得しスパムをブロックする方法

brBrbr

brBrbrのプラグインは、改行のプラグインです。

ワードプレスはデフォルトのままでは、いくら改行しても1行分の改行にしかならないため、brBrbrのプラグインを導入し対応しましょう。

このプラグインは、有効化するだけで適用されます。

Broken Link Checker

Broken Link Checkerのプラグインは、サイト内のリンク切れになったリンクを検出し通知してくれるプラグインです。

しかも打消し線を自動で付与してくれ、リンク自体もnofollowタグにしてくれますので非常に便利なプラグインです。

こちらのプラグインも、有効化するだけで処理が適用されます。

Category Order

Category Orderのプラグインは、サイドバーに表示されるカテゴリーの表示順番を簡単に変更することができるプラグインです。

ワードプレスの初期設定のままでは、カテゴリーの表示順の並べ替えができないため、自由に表示順を変更したい場合は導入しておきましょう。

詳しい使い方については、以下の記事で解説しています。

こちら⇒Category Orderの使い方とカテゴリーの並び順を変える方法

Contact Form 7

Contact Form 7のプラグインは、サイト内に簡単にお問い合わせフォームを設置することができます。

サイトを運営していくうえで、閲覧者より質問を受けたり何かのオファーがある場合はこのお問い合わせフォームを設置しておけばスムーズに対応することができます。

詳しい使い方と設置方法については以下の記事で解説しています。

こちら⇒Contact Form 7の使い方と設定方法!カスタマイズマニュアルは?

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizerのプラグインは、アップロードした画像を自動で圧縮してくれるプラグインです。

また、過去にアップロードした画像やワードプレスのテンプレートの画像も一括で圧縮してくれる非常に便利なプラグインです。

画像を大量にアップするとサーバーのサイト容量がひっ迫し表示速度が低下してくる恐れがあるため、EWWW Image Optimizerのプラグインであらかじめ画像を圧縮しておきましょう。

詳しい使用方法については以下の記事で解説しています。

こちら⇒EWWW Image Optimizerの使い方と設定方法を解説!

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsのプラグインは、サイト巡回のクローラー向けのサイトマップを作成するプラグインです。

サイトマップは2通りあり、クローラー向けとユーザー向けがあります。

Google XML Sitemapsは前者のサイトマップを作成する場合に使用します。

サイトマップはSEOの観点からも非常に重要なものとなりますので必ず作成しておきましょう。

作成方法については、以下の記事で解説しています。

こちら⇒Google Search consoleでXMLサイトマップを登録する方法

Newpost Catch

Newpost Catchのプラグインは、最新の投稿をサイドバーに表示させカスタマイズすることができるプラグインです。

もともとワードプレスのウィジェット機能に最近(最新)の投稿を表示させる機能はあるのですが、リンク表示のみであまり見栄えがよくありません。

Newpost Catchのプラグインを導入すれば、サムネイルも追加することができ自由にカスタマイズすることができます。

詳しい使い方については以下の記事で解説しています。

こちら⇒Newpost Catchのカスタマイズで最新の投稿をサムネイル表示

No Self Pings

No Self Pingsのプラグインは、セルフピンバックを無効にしてくれるプラグインです。

デフォルト設定のままだと、セルフピンバックを有効になっているため、記事内に内部リンクを設置した際に都度、コメントの通知がメールに届くためわずらわしくなってしまいます。

このプラグインをインストールし有効化しておけば、それを防ぐことができます

Master Post Advert

Master Post Advertのプラグインは、moreタグを使用して記事内にアドセンス広告を貼り付けることができるプラグインです。

アドセンス広告は主に記事上、記事中、記事下に貼り付けていきますが、AdSense Managerは「記事中」に、そしてこのMaster Post Advertのプラグインは「記事上」に貼り付ける際に使用していきます。

使い方と広告が表示されない場合の対処法については、以下の記事で解説しています。

こちら⇒Master Post Advertで広告が表示されないときは?設定方法を解説

Pretty Link Lite

Pretty Link Liteのプラグインは、短縮URLを作成したい時に使用するプラグインです。

また、短縮URLのリンクのクリック数についてなどアクセス解析機能も備わっています。

詳しい使い方については以下の記事で解説しています。

こちら⇒Pretty Link Liteのプラグインで簡単に短縮ULRを作成する方法

PS Auto Sitemap

PS Auto Sitemapのプラグインは、ユーザー用のサイトマップを作成するときに使用するプラグインです。

Google XML Sitemapsのプラグインは、クローラー向けのサイトマップ作成プラグインでしたが、PS Auto Sitemapはユーザー用のサイトマップを作成する場合に導入します。

サイトマップの作成はユーザビリティ及びSEOの向上につながりますので必ず作成しておきましょう。

詳しい使い方については、以下の記事で解説しています。

こちら⇒PS Auto Sitemapの使い方を順序よく設定!表示されない場合は?

Table of Contents Plus

Table of Contents Plusのプラグインは、記事の上部に目次を作成することができるプラグインです。

見出しタグをもとに自動で目次が生成されるため、都度設定する必要がなく見栄えの良い見出しが作れます。

内部リンクとして目次が生成されるため、SEOの観点からも有効ですので是非導入しておきましょう。

使い方や設置方法については、以下の記事で解説しています。

こちら⇒Table of Contents Plusの使い方と目次の作成方法についてj

WordPress Ping Optimizer

WordPress Ping Optimizerのプラグインは、更新した記事にPingを送信してくれるプラグインです。

あらかじめ登録しておいたPing送信先にPingを自動で送信してくれるため、検索エンジンからのインデックスを早めたり、被リンクの効果も期待できます。

設定方法やPing送信先については以下の記事で解説しています。

こちら⇒WordPress Ping Optimizerの最新Ping送信先一覧と設定方法

WordPress Popular Posts

WordPress Popular Postsのプラグインは、サイドバーに人気記事ランキングを作成できるプラグインです。

人気記事のブログは読者からも注目を集めやすく、滞在時間を増やしていくことも期待できます。

ブログの直帰率の減少でユーザビリティの向上にもつながります。

設定方法や表示されないときの対処法について等、以下の記事で解説しています。

こちら⇒WordPress Popular Postsの設定方法と表示されない時の原因は?

WordPress Related Posts

WordPress Related Postsのプラグインは、記事下に関連記事を自動で表示してくれるプラグインです。

人気記事ランキング同様に、関連記事はユーザーから注目されやすいため、PV数やブログ滞在時間の向上につながります。

また、WordPress Related Postsは関連記事表示系プラグインの中で比較的投稿記事の関連度合いの高さに定評があるプラグインです。

また、デザインも自由にカスタマイズできるためかなりおすすめのプラグインとなっており、詳しい使用方法ついては、以下の記事で解説しています。

こちら⇒WordPress Related Postsの使い方!賢威6.2で表示されないときは?

WP-Copyright-Protection

WP-Copyright-Protectionのプラグインは、サイト内の不正コピーを防止するプラグインです。

こちらのプラグインを有効化すると、サイト内で「右クリック」や「文字のドラッグ」ができなくなる仕様となっています。

設定で、サイトの管理者にだけは適用しない設定にすることもできます。

WP-PageNavi

WP-PageNaviのプラグインは、ワードプレスの下部にページをナビゲーションすることができます。

賢威や他のテンプレートのデフォルト設定では、「以前の記事へ」という表示しかないため、記事が増えてくるとページ番号が付与されたリンクを自動で生成してくれるWP-PageNaviが重宝されます。

ユーザビリティの向上にもつながるため、導入しておきましょう。

Wp Pagenavi Style

Wp Pagenavi Styleのプラグインは、「WP-PageNavi」で作成したページナビゲーションのデザインをカスタマイズすることができるプラグインです。

前提として「WP-PageNavi」のページナビゲーションを作成してからのカスタマイズとなるため、まずは「WP-PageNavi」でページナビゲーションを作成しておきましょう。

WP Fastest Cache

WP Fastest Cacheのプラグインは、キャッシュ系プラグインの中で不具合が少なくどのWordPressテンプレートでも比較的相性が良いとされているプラグインです。

キャッシュ系プラグインは、様々ありますが使いこなすには専門の知識が必要になります。

現に、「WP Super Cache」や「W3 Total Cache」を使用していきなりサイトが真っ白になり修復不可になったという事例が多々見受けられます。

WP Fastest Cacheは、上記のプラグインのように内部のプログラムにまで影響を与えないため重大な不具合を防ぐことができます。

また、設定も簡単で導入後はサイトの表示速度の向上が期待できます。

WP Hyper Response

WP Hyper Responseのプラグインは、ワードプレス管理画面内の処理速度や表示速度を速めることができるプラグインです。

インストールし有効化するだけで効果を発揮するので導入しておきましょう。

WP Multibyte Patch

WP Multibyte Patchのプラグインは、ワードプレスを日本語用のマルチバイト文字に最適化してくれるプラグインです。

日本語用のワードプレスをインストールすれば最初からインストールされているため、有効化するだけで適用されます。

ワードプレスの日本語用に対応させるイメージを持っていただくイメージです。

まとめ

トレンドブログにおすすめのWordPressプラグイン一覧24選の解説は以上となります。

解説したプラグインを導入するだけでサイトの見栄えと機能が格段にアップするはずです。

また、トレンドブログ用に厳選しておりますので紹介したプラグインをMulti Plugin Installerでまとめてインストールと有効化してしまば簡単にサイトを増やしていくことができます。

このほかにも自分に合ってるなと思うプラグインがあればぜひぜひ検証したうえで取り入れていきましょう。

無料メルマガの購読はこちら!
無料メルマガ

上記のメルマガでは、ネットビジネス初心者が副業でも毎月10万円以上稼げるジャンルを厳選し、マルチな運営とコンサル指導を実践してきた私が、あなたのライフスタイルに最も適したノウハウを提供します。メルマガ購読者を優先的にLINEでの個別サポートもおこなっています。
その他のご質問やご要望に関してもお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

友だち追加
QRコード
@zaitakuで検索
@まで含めてください

コメントを残す

このページの先頭へ