Googleアナリティクスの登録方法と使い方設定!検索ワードの見方

サイトを運営する際に重要となるアクセス解析ですが、最もおすすめしているのがGoogle社が無料で提供しているGoogleアナリティクスです。

運営するサイトへどこからきたかや訪問者の検索ワードやアクセス数を解析することができ、リアルタイムでの訪問者数も調べることができます。

今回は、Googleアナリティクス登録方法使い方について解説していきたいと思います。

Googleアナリティクスの登録方法と設定

では早速、Googleアナティクスに登録していきましょう。

まずこちらのGoogleアナリティクスのサイトにアクセスします。

すると以下のページになりますので、Googleのアカウントを持っている方は、『ログイン』をクリックし、持っていない方は『アカウントを作成』でGoogleのアカウントを作成後にログインしましょう。

Googleアカウントの登録方法はこちら⇒GoogleアカウントとGmailの登録方法について



ログインが完了したら、Googleアナリティクスの使用を開始から『お申込み』をクリックします。



ページが移動し、以下の登録ページになりますので自分が運営しているサイトの情報を入力していきましょう。



■アカウント名 ⇒ 任意のアカウント名を入力

■ウェブサイト名 ⇒ 自サイト名を入力

■ウェブサイトのURL ⇒ Googleアナリティクスを設置するサイトのURLを入力

■業種 ⇒ 任意のものを選択

■レポートのタイムゾーン ⇒ 自分が住んでいる国を選択




入力が完了したら、データ共有設定のチェックに全てチェックを入れて、『トレッキングIDを取得』をクリックします。



Googleアナリティクスの利用規約を読み『同意する』をクリックします。

次に以下のようなトラキングIDが表示されたページに飛びますので、枠内に記載されているトラッキングコード(まで)を全てコピーします。



トラッキングコードの表示ページは、以下の『アナリティクス設定』から『トラッキング情報』内の『トラッキングコード』をクリックでも行けます。



トラッキングコードのコピーが完了したら、運営しているサイトのヘッダータグ内にそのままペーストします。

今回は、ワードプレスサイトのヘッダータグ内にペーストする方法を説明していきます。



ワードプレスへログインし、ダッシュボード内の『外観』から『テーマの編集』をクリックします。




そして、『テーマヘッダー(header.php)』をクリックし、ヘッダー内のタグの上にコピーしたトラッキングコードをそのままペーストしファイルを更新をクリックします。

Googleアナリティクスのトラッキングページへと戻り、以下の箇所から『テストトラフィックを送信』をクリックします。



テストトラフィックが完了すれば、Googleアナリティクスの登録と設定は完了です。

Googleアナリティクスの使い方

Googleアナリティクスの登録が完了したら、レポートをクリックしアクセスの解析をしていきましょう。

Googleアナリティクスの基本用語


レポートをクリックすると基本的には、以下のユーザーサマリーが表示されています。



このサマリーに表示されている用語について説明していきたいと思います。



セッション
セッションとは、ユーザーがサイトを訪問してからサイトを離れてしまうまでをカウントしたユーザーの単位です。

ユーザーがあなたのサイトAを訪問して、別のBというサイトへアクセスした際のセッションカウントは1となります。

ユーザーが別のサイトへアクセスしなくても30分以上ページを開いたまま放置された場合でもセッションカウントは1となります。

ユーザー
ユーザーは、サイトを訪問したユーザーの数です。

このユーザーは、一定期間内に関わらず過去に訪問した人が再訪問した際であっても1のままカウントは変わりません。

何回訪問しても、同じユーザーであればユーザー数は1のままということになります。

ページビュー数
ページビューは、PV数とも言われサイトのアクセス数の1つの指標となります。

サイト内でアクセスされたページ数をカウントすることとなるので、同じユーザーがサイト内のAという記事を見て、Bという記事を読んだ後、Cという記事へアクセスした際のPV数は3PVとなります。

ページ/セッション
ページ/セッションは、上記で説明した『ページビュー数』を『セッション』で割った時間になります。

例えばPV数が100だとして、セッション数が50だとした場合は、ページ/セッションは2となります。

ページ/セッションは平均PVとも呼ばれており、この値が高ければ高いほどGoogleからのSEO評価は高くなります。

ちなみにトレンドブログを運営している場合は、PV数が上がれば上がるほど平均PVは減少していく傾向にあります。

それは、サイトが強くなってくると狙ったキーワードの他でも訪問者が増えるようになってくるためです。

平均セッション時間
平均セッション時間は、サイトを訪問したユーザーが訪問サイトに滞在している平均時間です。

直帰率
直帰率は、訪問したサイトのページだけを読んで他のサイトへアクセスしてしまうか、そのままブラウザを閉じてしまう人の率です。

新規セッション率
新規セッション率は、一定の期間内にあなたのサイトを訪問した新規ユーザーの割合の率です。

例えば、100人のユーザーがサイトを訪問し、そのうちの90人が初めてあなたのサイトを訪問した場合の新規セッション率は90%となります。

新規セッション率が低ければ低いほど、訪問リピーターが多いということになります。

リアルタイム数の調べ方

Googleアナリティクスでは、現在サイトを訪問しているユーザー数をリアルタイムで知ることができます。

記事ごとのリアルタイムのユーザ数を知りたい場合は、『リアルタイム』から『コンテンツ』をクリックすると以下のように表示されます。



上記の画面でいくと、1011人のユーザーが現在サイトに訪問していることになります。

検索キーワードと検索エンジンの参照元

Googleアナリティクスでは、ユーザーがどんな検索キーワードでサイトを訪問しているか調べることができます。

『集客』の『サマリー』をクリックすると以下のページが表示されます。



参照元ごとに、訪問サイトへどこからきたのかを調べることができます。

■Organic Serch ⇒ Google検索やYahoo検索、bingなどの検索エンジン
■Social ⇒ FacebookやTeitter、Google+、Hatena Bookmarkなどのソーシャルメディア
■Referral ⇒ 上記の『Organic Search』と『Social』以外
■Direct ⇒ ブックマークやURLの直接入力、メルマガからのアクセス


『Organic Serch』をクリックすると以下のように、2語の検索キーワードが表示されます。



一番上が(not provided)となっているのは、Googleの検索エンジンは解析できない仕様になっているため、Googleの検索エンジンから訪問した検索キーワードとして出力されています。

『プライマリ ディメンション』の『参照元』をクリックすると、以下のようにどの検索エンジンから訪問されているのかを調べることができます。



上記結果では、Yahooからの検索エンジン訪問者が一番多いということになりますね。

まとめ

以上でGoogleアナリティクスの登録方法と設定、基本的な使い方についての説明は終わりです。

アクセス解析を行うことによって、どのキーワードでアクセスが集まっているのかを調べて、該当のキーワードの関連記事を増やしていくことでさらにアクセスを集めていくこともできます。

また、アクセス解析結果をもとにサイトの滞在時間を伸ばしていくことでGoogleからのSEO評価も高くなるので上手に活用していきましょう。

無料メルマガの購読はこちら!
無料メルマガ

上記のメルマガでは、ネットビジネス初心者が副業でも毎月10万円以上稼げるジャンルを厳選し、マルチな運営とコンサル指導を実践してきた私が、あなたのライフスタイルに最も適したノウハウを提供します。メルマガ購読者を優先的にLINEでの個別サポートもおこなっています。
その他のご質問やご要望に関してもお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

友だち追加
QRコード
@zaitakuで検索
@まで含めてください

コメントを残す

このページの先頭へ