XエックスサーバーにWordPressとテンプレートをインストール

エックスサーバとのサーバー契約と独自ドメインの取得が完了し、エックスサーバーとの紐づけまで完了したら、ネット上の住所が完成です。

関連記事はこちら⇒Xエックスサーバーの登録契約方法と月額費用のメリットについて

住所を持つことができたら、その住所にコンテンツを制作していきましょう。

WordPressは、コンテンツの入れものとなる家のイメージです。

WordPressで作成されたサイトは、GoogleからSEOの効果が高いことを認められており且つ無料や有料のテンプレートが数多く配布されているため、カスタマイズしやすいことなどがメリットしてあげられます。

プラグインと呼ばれるWordPress専用の機能を活用すれば、CSSなどのデザインスキルの知識がなくても、プロのようなオリジナルのサイトが簡単に作れてしまいます。

WordPressをエックスサーバにインストール

WordPressは、エックスサーバのサーバーパネルから簡単にインストールすることができます。

動画で手順を解説していますのでご覧ください。



テンプレートのインストール方法

エックスサーバーにWordPressがインストールできましたら、次にWordPressのテンプレートをインストールしていきます。

おすすめは、賢威と呼ばれる有料のテンプレートですが、STINGERSimplicity等の無料テンプレートでも十分作成できます。

テンプレートのインストール方法は動画でも説明していますが、順番はダッシュボードの『外観』から『テーマ』へいき、『新規追加』をクリックします。

そして、『テーマのアップロード』をクリックしたら、インストールしたいテンプレートを選択しアップロードします。

この時に、テンプレートのファイルが『.ZIP』ファイルになっている場合は、解凍せずにそのままアップロードします。

※賢威は『.ZIP』ファイルでした。

インストールできたら、あとは有効化をクリックして完了です。

無料メルマガの購読はこちら!
無料メルマガ

上記のメルマガでは、ネットビジネス初心者が副業でも毎月10万円以上稼げるジャンルを厳選し、マルチな運営とコンサル指導を実践してきた私が、あなたのライフスタイルに最も適したノウハウを提供します。メルマガ購読者を優先的にLINEでの個別サポートもおこなっています。
その他のご質問やご要望に関してもお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

友だち追加
QRコード
@zaitakuで検索
@まで含めてください

コメントを残す

このページの先頭へ