トレンドブログで人気のネタは?アクセスアップする方法を解説!

トレンドブログでアクセスを集め、Googleアドセンスのクリック高校で報酬を得るトレンドブログアフィリエイトですが、最初のころはなかなかアクセスが集まらず記事の爆発が起きる前に辞めてしまう方がほとんどです。

しかし、継続すれば必ず稼げるようになるトレンドブログの運営を途中で辞めてしまうのは本当にもったいないです。

ある程度アクセスが集まってくればサイトが強くなってくるのでよりアクセスも安定してきます。

そうなれば1日1記事程度の記事更新でも、月収10万円を毎月稼ぐことができるようになります。

今回は、トレンドブログで人気のネタはどんなジャンルなのか、そしてアクセスアップする方法について解説していきたいと思います。

トレンドブログで人気のネタは?

トレンドブログでアクセスを集めやすいネタですが、芸能ネタ、テレビドラマのネタ、季節ネタ、イベントネタ、時事ネタなどがあります。

この中で最もポピュラーなネタは、芸能系になります。毎日つきることなく何かしらの芸能人のニュースが取り上げられていますが、それを扱うのが芸能ネタです。

テレビドラマのネタに関しては、そのままのネタでドラマに関する記事やドラマ出演者のことを記事に書いていきます。

あまりネタバレした記事を書きすぎると著作権に触れてしまうため、注意しておきましょう。

一般的にはドラマの人物相関図などをネタにしているブロガーが多いですね。

季節ネタに関しては、季節ごとに話題なるキーワードを交えながらネタを探していきます。

例えば、春の季節であれば桜や花粉症、梅雨など、夏であれば暑さ対策に関するネタなど季節ごとに連想されるキーワードをもとに記事を書いていきます。

次に、イベントネタですがこれはイベントに関する記事を扱います。

春であれば入学式や春休みゴールデンウィーク、夏であれば花火大会や祭りや海開き、秋であれば運動会、冬であればクリスマス、お正月、バレンタインデー、ホワイトデー、卒業式など各種イベントごとに関する記事をイベント前に書いておきます。

最後は、時事ネタです。これは政治的なネタなどでも世間で話題になっているニュースであればアクセスを集めることができます。

しかし、Googleアドセンスの規約で公序良俗に反する記事や反社会的な記事はNGとなっているため、あまりに過激なニュースを扱うのはやめておきましょう。

最近であれば消費税の増税に関するネタやオリンピックのエンブレム問題などが話題になっていますが、これに関しても簡単な内容をまとめ、あとは独自の意見を述べる形で記事を書いていけば記事が書けると思います。

紹介してきたいずれのネタでいえる大事なことは、いかにほかのライバルよりも早く記事を更新できるかです。

芸能系もテレビやネットニュースで扱われたものであれば十分にアクセスを集めることができますが、1日2日たった後に更新してもほかのライバルが検索ランキングの上位を独占してしまっているため、せっかく記事を書いても検索エンジンの上位表示がなされません。

逆をいえば、速報の話題をいちはやくキャッチし、記事を書くことができればサイトのレベルが弱くても十分に大きなアクセスが狙えるということです。

未来予測記事を書いてアクセスアップ


サイトのレベルが弱いと検索エンジンにインデックスされるまでに時間がかかってしまうため、より確実な方法としては、未来予測記事を書いておくとよいです。

未来予測記事とは、未来のことをあらかじめ記事にしておくことです。

イベント系のネタであればあらかじめ日にちが決まっているものが多いと思いますのでそれに向けて記事を書いておきます。

また、来期のテレビドラマのネタをあらかじめ記事にしておくのも有効です。

まとめ

やはりトレンドブログで稼ぐのであれば芸能系ネタを扱うのが一番手っ取り早くアクセスを集めやすいです。

1つ稼げるブログを構築してしまえば、そこから水平展開したりよりアクセスを強化することができます。

芸能ネタやニュースサイトにいくらでもあるので、まだ扱ったことない方は一度挑戦してみましょう。

ネタの探し方に関しては、こちらの記事で解説しています。

無料メルマガの購読はこちら!
無料メルマガ

上記のメルマガでは、ネットビジネス初心者が副業でも毎月10万円以上稼げるジャンルを厳選し、マルチな運営とコンサル指導を実践してきた私が、あなたのライフスタイルに最も適したノウハウを提供します。メルマガ購読者を優先的にLINEでの個別サポートもおこなっています。
その他のご質問やご要望に関してもお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

友だち追加
QRコード
@zaitakuで検索
@まで含めてください

コメントを残す

このページの先頭へ