トレンドブログ写真引用と画像や動画転載に関する著作権問題の対策

トレンドアフィリエイトブログ記事に写真引用をしたり画像動画転載する方法は、ユーザビリティの向上や滞在時間を伸ばすのに効果的です。

しかし、写真引用や画像を掲載することに関して芸能人の画像や写真を載せるのは著作権的に問題なのかといった質問もよく頂きますので、回答をかねて対策についても解説していきます。

トレンドブログで芸能人の画像や写真を掲載するメリット

トレンドブログでは、芸能系の記事を扱うことが多いため芸能人の画像を掲載する機会が多いと思います。

文字だけのブログではどうしてもブログのコンテンツ的に薄くなってしまい、訪問者の興味を引くことが難しくなってしまいます。

いくら文章構成や書き方を工夫しても、テキストだけのブログは限界があります。

ですので、芸能系の記事を書く場合は積極的に画像や動画を掲載していくとよいです。

画像や動画は視覚的に訴えることができますし、人が入手できる情報のなかで最も割合を占めるのが資格からの情報と言われています。

資格からの情報は、全体の約8割を占めており興味や関心を惹かせるにはうってつけです。

芸能人の画像や写真はどこから入手すればいいの?

芸能人の画像に関してですが、どこから入手すればいいのという質問についても答えておきたいと思います。

一番手っ取り早いのが、グーグルやヤフーの画像検索で画像を掲載したい人物を検索してそれを切り取って使用する方法です。

ちなみにWindows7以上のOSをお持ちの方であれば、標準搭載されている『Snipping Tool』という無料ツールを使えば自由自在に画像を切り取って保存することができます。

この方法は最も手っ取り早いのですが、画像検索で出てくる画像は、既に検索エンジンに認識されている既出のブログのサイトの画像ですので、あまり多用しすぎると画像の重複とみなされ上位表示しにくくなったり、ペナルティを受ける可能性も少なからずありますので注意が必要です。

画像検索以外の方法としては、NAVERまとめラフィ等のまとめサイトから画像を切りとってからトリミングする方法もあります。

ツイッターからの画像や動画の転載で著作権対策

一番安全な方法としては、ツイッターから画像付きのツイートを紹介する方法です。

例えば、以下のようにツイッター上で『福山雅治 結婚』というキーワードで画像検索をするとそのキーワードに関する画像つきのツイートが多数表示されます。



その中から関連するものを見つけたら、そのツイートを引用して紹介します。

引用の方法はまず『ツイートをサイトに埋め込む』をクリックします。



すると、以下のようにコードが表示されますので『メディアを含める』にチェックが入っているのを確認したら、コードをコピーして自信のブログにペーストすれば完了です。



この方法であれば、リアルタイムのトレンドな話題であってもツイッター上から関連する画像をブログで紹介することができますね。

写真や画像の著作権問題について

トレンドアフィリエイトブログで芸能人の画像を掲載する際の著作権についてですが、完全に白とは言えないですがグレーゾーンであることは確かです。

そもそもネット上で芸能人の画像がなくなるということはありえないわけで、それらすべてを白だと黒だと判別し明確化するのは不可能に近いです。

とは言ってもグレーであることは間違いないので、もし芸能事務所等から画像の使用について指摘がきた場合は素直に削除するようにしておきましょう。

芸能人は、名を売っていくのが仕事でもあるので宣伝行為としての画像掲載であれば容認しているのが現状です。

要は、『掲載する人物にとってマイナス要素のある画像ではないこと』を1つの目安とするとよいでしょう。

著作権は、相手の不利益を防ぐためにある権利なのでそれが侵害されなければある意味問題はないということですね。

ですので熱愛や不倫等のスキャンダル系の記事を書く際に、実際の現場の画像を引用する際には注意が必要ですが、その際は上記で紹介したツイッターから引用する方法で掲載するとよいです。

YouTubeから動画を転載する方法

トレンドアフィリエイトでは、画像のほかに動画を掲載する方法もユーザビリティの向上やブログの滞在時間を延ばすのに効果的です。

例えば、音楽番組に出演したミュージシャンやグループを紹介する際に併せて、楽曲等も公式のYouTube動画や紹介されているYouTube動画を掲載していきます。

では、早速YouTubeをサイトに掲載する方法を紹介していきます。

今回は、一時期世界中で話題となったピコ太郎の『PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen)』の動画を引用してみたいと思います。

PPAPの動画をYouTube上で見つけたら、以下のように『共有』カテゴリーから『埋め込みコード』をクリックします。



すると、埋め込みコードが表示されるのでそれをそのままコピーして自身のブログに貼り付ければ以下のようにYouTubeの動画をブログに掲載することができます。



今では、世界中に拡散され再生回数も5000万回以上と大ブレークを起こしているPPAPの動画ですが、これを真似してパロディ化した様々なバージョンのPPAPも投稿されています。

これも著作権上ではグレーな範囲ですが、公式のPPAPの宣伝効果となる部分も少なからず含まれているので黙認されている状態です。

PPAPの動画がここまで一気に再生回数が伸びた理由の裏話があるのですが、この裏話は著作権の宣伝的要素の基準が垣間見える形となりました。

世界中でブレークを起こしている理由は、誰でもわかる簡単な単語とリズムで世界観を創り出しているピコ太郎さんのクリエイティブな要素もあるのですが、ブレイクのきっかけを作りだしたのがあの有名なジャスティン・ビーバーが自身のツイッター上で、以下のようにピコ太郎さんのPPAP動画を転載した動画を紹介したことがきっかけです。


※上記のツイートは前の部分でツイッターを転用する際に紹介した方法と同様の方法で転載しています。

ご覧のとおり、ジャスティン・ビーバーが紹介している動画は公式のPPAPの動画ではなく、別の人物がPPAPの動画をまるパクリで転載した動画です。

これによって公式の再生回数が伸びることとなったわけですが、転載された動画自体も再生回数が1000万回を超えることとなりました。

通常であれば、転載動画は著作権的には黒に近いので削除されてもおかしくはないのですが、今回の場合は公式の宣伝効果が認められ削除されずにそのまま掲載され続けています。

これは著作権がいかに宣伝効果を基準としているかを象徴する事例ですね。

まとめ

このように、ブログ上で写真引用や画像や動画を使用することはメリットの部分のほうが大きいですし、積極的に使用していく方がコンテンツ的にも充実します。

相手にとってマイナスにならないかを1つの基準として考えながら使っていけばネット上で使用していくことは問題ないです。

過激なスキャンダルや事件を積極的に扱っていくのではなく、あくまでも宣伝的な効果も考えながらコンテンツを盛り上げるために利用していきましょう。

無料メルマガの購読はこちら!
無料メルマガ

上記のメルマガでは、ネットビジネス初心者が副業でも毎月10万円以上稼げるジャンルを厳選し、マルチな運営とコンサル指導を実践してきた私が、あなたのライフスタイルに最も適したノウハウを提供します。メルマガ購読者を優先的にLINEでの個別サポートもおこなっています。
その他のご質問やご要望に関してもお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

友だち追加
QRコード
@zaitakuで検索
@まで含めてください

コメントを残す

このページの先頭へ