トレンドブログで圏外に飛ばされずペナルティを受けない記事の書き方

トレンドブログでは、検索エンジンが定めている基準に反すると圏外に飛ばされてしまうことがあります。

そうなると、ブログ全体の記事の順位が一気に下がりアクセスが激減してしまいます。

結果的にこれまでの収益も大幅に少なることが予想され、ペナルティを受けてしまうと非常にマイナスです。

しかし、このようなペナルティに関してはこれから解説していく点に注意して記事を書いていけば全く心配する必要はありません。

ペナルティになるということはそれ相応の理由があるわけで、逆に言えばその基準さえ守っておけばブログが圏外に飛ばされることはありません。

ペナルティになるとブログが圏外に飛ばされる理由

そもそも、なぜGoogleの検索エンジンからペナルティを受けるとブログが圏外に飛ばされてしまうのかというとGoogleのコンテンツとして相応しくないと判断されているからです。

その基準は、Googleの検索エンジンが独自の基準で定めているため、それに従うしかないのですが結果的にその基準を守ることは自身のブログコンテンツの質を向上させることにつながります。

では、その基準について解説していきます。

記事本文のコピーやリライトをしている

ペナルティを受ける理由に最も多いのが、他の記事やニュースサイトをコピーして自身の記事として投稿しているケースです。

文末の書き方を変えたり文章を部分的にリライトしてもペナルティの対象として扱われます。

上記を認識しておらず、記事をリライトして書いている方が多いのがペナルティとして最も多い理由です。

他のブログやニュースサイトを情報として、あくまで参考にするのはよいのですが情報をインプットした後は、必ず自分の言葉で発信していくようにしていきましょう。

おすすめの方法としては、ネタの記事に関する情報を集めるいわゆるインプットの時間と記事を書くアウトプットの時間を明確にわけてから作業に取り組むとよいです。

インプットをしながら、アウトプットをしてしまうとどうしても入手した情報のまま自分の言葉に換算せずに書いてしまいがちになってしまいます。

ですので、インプットを十分にして情報を自分の中で整理してから一気に記事を書いてしまいましょう。

この方法のほうがネタを仕入れてから記事を投稿するまでのスピードが速くなるはずです。

記事本文の文字数が少ない

記事本文の文字数が少ないのもペナルティを受ける理由の1つです。

文字数が極端に少ないとペラサイトいわゆる中身の内容がない低品質のコンテンツとみなされペナルティを受けてしまいます。

なぜ、低品質のコンテンツがペナルティを受けてしまうのかというと、ユーザーが検索しているキーワードに対してGoogleの検索エンジンが中身のない低品質のペラサイトを上位表示してしまうと、ペラサイトからはもちろんのこと、それを案内したGoogleからもユーザーは離れていってしまいます。

こういったことを防ぐために、低品質のコンテンツやペラサイトは厳しく取り締まられ圏外へと飛ばされてしまうわけです。

公序良俗に反する過激な記事を書いている

公序良俗に反する過激な記事を書いてもペナルティの対象となります。

実際のところ、この公序良俗に反する記事を書かない目的は、トレンドアフィリエイトの収益のメインとなるGoogleアドセンスの規約にも引っかかってしまうからです。

圏外に飛ばされなかったとしても、アドセンスの規約に反するコンテンツ内容の記事を書いてしまった場合、アドセンスの収益がゼロとなってしまいトレンドアフィリエイトで稼いでいくのは絶望的な状況となってしまいます。

実際、アドセンスの規約を守っておきさえすればGoogle検索エンジンで圏外に飛ばされることはまずありません。

アドセンスの禁止コンテンツはこちらで紹介されています。

簡単に紹介しておくと以下になります。

アダルト コンテンツ
個人、集団、組織を誹謗中傷するコンテンツ
著作権で保護されているコンテンツ
危険ドラッグおよび薬物に関連したコンテンツ
アルコールおよびタバコに関連したコンテンツ
ヘルスケアに関連したコンテンツ
ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ
報酬プログラムを提供するサイト(「報酬提供」サイト)
Google ブランドを使用しているサイト
暴力的なコンテンツ
武器および兵器に関連したコンテンツ
不正行為を可能にするコンテンツ
違法なコンテンツ


重複した内容やタイトルの記事が多い

重複した内容や順番を並び替えただけのような同じタイトルの記事が多い場合もペナルティ対象として扱われます。

実際に重複したコンテンツが多くなってくると、サイト全体のコンテンツの質が落ちますしオリジナルを好むGoogleの検索エンジンからしてみれば、同じような情報やサイトは1つだけでよいわけです。

ですので、あまり重複した内容やタイトルが多くなってしまわないように注意しましょう。

内部リンクや不自然な外部リンクが多い

トレンドブログの滞在時間を伸ばすのに内部リンクは非常に有効です。

しかし、1つの記事に対してあまりに多い内部リンクをつけてしまうと逆に不自然になってしまいます。

結果的に滞在時間が伸びるどころかユーザビリティを低下させてしまうため、Googleからの評価も下がってしまうわけです。

ですので、まとめ記事等の場合など例外はありますが、通常1記事あたりにつける内部リンクは多くても3~4つとしておくほうがよいでしょう。

アフィリエイト広告が多い

あまりにアフィリエイトが広告が多いとペナルティを受けます。

Googleアドセンス広告について、以前までは1ページに配置可能な広告の上限数が決まっていましたが、現在は上限数が設けられていない代わりに、コンテンツに見合わない過度な広告掲載は、表示を制限されるか無効になる場合があるというふうな記載に変わりました。

ですので、もし心配な場合はアドセンスの以前までの規約で設けられていた『コンテンツ向けAdSenseユニットは3つまで』の広告数を守っておけば特に問題はないでしょう。

ちなみに、トレンドアフィリエイトの場合、アドセンス広告以外のアマゾンや楽天、他ASPのアフィリエイト広告に関しては掲載しない方がよいです。

広告の併用に関して、アドセンス規約では特に記載はありませんが、コンテンツの内容で報酬プログラムを提供するサイト(「報酬提供」サイト)は禁止なっているため、これらを扱う広告に関しても控えておいた方が無難ですね。

まとめ

ペナルティを受ける対象のコンテンツに説明してきましたが、これらを守るということはコンテンツの質を下げないことにもつながります。

ですので、上記のことに注意しながらコンテンツを充実させるということを最優先に意識して記事を書いていけば圏外に飛ばされずに安定して毎月10万円以上は必ず稼げるようになります。

分からないことや疑問点があれば下記のLINEやお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

無料メルマガの購読はこちら!
無料メルマガ

上記のメルマガでは、ネットビジネス初心者が副業でも毎月10万円以上稼げるジャンルを厳選し、マルチな運営とコンサル指導を実践してきた私が、あなたのライフスタイルに最も適したノウハウを提供します。メルマガ購読者を優先的にLINEでの個別サポートもおこなっています。
その他のご質問やご要望に関してもお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

友だち追加
QRコード
@zaitakuで検索
@まで含めてください

コメントを残す

このページの先頭へ