安倍首相とトランプ氏の会談の内容は?ゴルフ談義でクラブをプレゼントか!

アメリカ大統領選挙で民主党のヒラリー・クリントン氏に勝利し、来年の1月から大統領に就任することが決定した共和党のドナルド・トランプ氏。

日本時間の11月8日に行われた開票速報では、マスコミをはじめ多くの方がヒラリー氏の勝利を予想していただけに、一度も政治活動経験のないトランプ氏の当選は世界を驚かせました。

ビジネスマンとしてこれまでに不動産経営をはじめ、多岐にわたるジャンルのビジネスを展開し成功を収めたトランプ氏が今度はアメリカン全土に旋風を巻き起こしそうです。

株や為替も不安や期待感から稀にみる上げ下げを繰り返し、トランプショックとも言われる始末になりました。

それだけ影響力の大きいアメリカ大統領とできるだけ早くより関係を構築しておきたいと考えた安倍首相は早速、トランプ氏とコンタクトをとりこれからの日米関係のあり方について認識を合わせていきたい考えです。

アメリカとこれまでも固い連携協定で結ばれ、世界平和の重要な役割を担ってきました。

これがあったからこそ、強い抑止力を生み世界をはじめアジアでの均衡もとれていたわけです。

トランプ氏の大統領就任が決まった翌日には、安倍首相側がトランプ側の関係者へ連絡をとり電話会談を行いたい考えを伝えました。

そして、その翌日には約20分間の電話会談が実現しています。電話会談のなかで、翌週に行われるペルーでのAPEC(アジア太平洋経済協力会議)参加前に会談したい旨を伝えたところ、今回の会談が実現しました。

本来、大統領就任前に首相が会談することは異例です。

ただ、今回大統領に就任したトランプ氏は日本に不利な条件ばかりを公約に掲げており、共通認識に齟齬がある部分も否めないため、両者のトップ会談が最優先された形となります。

外交はお互いの信頼関係のうえに成り立ちますので、いくら合理的な意見で政策を唱えようが良い関係が構築できていなければそれは無意味なものとなってしまうのです。

この辺は、ネットビジネスの情報発信でも同じですね。

いくら稼げるという話をしても、その人が信頼を置くに値する人物なのかをまず考えますよね。

まずは、良い仕事をするにはお互いの信頼関係を築いていくことが大事です。

トップ会談が早期に実現した理由は?

安倍首相と次期大統領となるトランプ氏の会談は、日本時間の11月18日の早朝から行われました。

場所はニューヨークのマンハッタン所在のトランプ氏が経営するトランプタワーです。

この会談には、次期副大統領のペンス氏も同席し、実質的な政治主導を行う人物も同席していることからトランプ側も安倍首相との関係を築きたいとの思いが伺えます。

ところで、ヒラリー・クリントン氏が優勢と最初から最後まで言われていた今回の大統領選挙戦ですが、実は日本側はトランプ側が当選した際のプランもしっかりと計画していたことが伺えます。

今回の会談が早期に実現したのも、それを見越してトランプ側の側近と密かにコンタクトをとり連携していたことが理由です。

そのコンタクトをとっていた人物こそ、トランプ氏の長女の夫であるジャレッド・クシュナー氏です。

直接会談のきっかけとなった電話会談が実現したのも、クシュナー氏へ米大使館の外交官から首相の意向を伝えそれをトランプ氏側へ連携したことでセッティングされました。

今後もクシュナー氏は、主席補佐官として実権を握るとされており、外交の際はトランプ氏だけではなくこういった周囲の人物とも良い関係を築いていかなければなりません。

会談の内容はゴルフ談義で関係は良好?

トランプ氏はゴルフ好きとしても知られており、各国にも自身が経営するゴルフ場を保有しています。

最高スコア60台の成績を持つほどの実力も持り、安倍首相はこれを機にゴルフ談義に華を咲かせたい考えです。

一部関係者の間では、安倍首相が日本製品の50万円以上の高級クラブをトランプ氏へプレゼントしたとの情報も流れており、そのクラブに注目が集まっています。

安倍首相の祖父である、岸信介氏も首相時代に当時のアメリカ大統領アイゼンハワー氏とゴルフを楽しみ、そのゴルフ外交で一気に親密な関係を築き、日米安全保障条約の改定につながりました。

最近では、小泉純一郎元首相もジョージ・ブッシュ大統領と同じ野球の趣味を持つことで実現した、2人のキャッチボールは世界中に配信されました。

このように、日本とアメリカの歴代大統領は個人的に対人と人で関係を構築し、まずは個人同士での信頼関係構築に努めてきたわけです。

安倍首相は、猛獣使いとも言われおり、ロシアプーチン大統領やフィリピンのドゥテルテ大統領とも親交があります。

どちらもクセモノとして知られる人物ですが、安倍首相は不思議と謎のコミュ力を発揮し関係を構築してきたわけです。

こういった背景には、より政治を円滑に進めたいとの本質的な部分を見据えてのことでしょうから、これほど外交に強い首相ほど頼もしいものはありません。

まとめ

今回の大統領選挙そして、安倍首相とトランプ氏のトップ会談においては、様々な政治的側面が見え隠れしました。

安倍首相が好意でプレゼントも渡していることも、相手も何かお返しをしなければならないという潜在的な欲求を引き出すことに繋がっています。

また、最近のネットビジネスでも拡がりをみせつつある、JVいわゆるジョイントベンチャーの形としても、日米の関係性には注目していきたいところです。

お互いのメリットを活かし協力していくことは、様々な物事に対してプラスになる大きなエネルギーを生み、次第に周りを巻き込みながら影響力を生んでいきます。

結果的に中心的な立ち位置となって、世界を動かしていけるのです。

私も近いうちに誰かとJVを組み、さらに多くの方たちを幸せにしていきたいと思っています。

興味のある方は、下記の無料メルマガを購読しておいてくださいね。

無料メルマガの購読はこちら!
無料メルマガ

上記のメルマガでは、ネットビジネス初心者が副業でも毎月10万円以上稼げるジャンルを厳選し、マルチな運営とコンサル指導を実践してきた私が、あなたのライフスタイルに最も適したノウハウを提供します。メルマガ購読者を優先的にLINEでの個別サポートもおこなっています。
その他のご質問やご要望に関してもお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

友だち追加
QRコード
@zaitakuで検索
@まで含めてください

コメントを残す

このページの先頭へ