MNP弾とは?2016年最新の使い方と格安MVNOで即日解約する方法!

携帯やスマホの購入時によく耳にするMNPという言葉。

店員の方から、MNPであれば実質0円や一括0円になるという旨の説明も一度は受けたことがあるのではないでしょうか。

今では、当たり前に使われているMNPいわゆるMobile Number Portabilityの略ですが、あまり聞いたことがないという方向けに初めから丁寧に解説していきたいと思います。

MNPとは?

冒頭で略称の説明をしたMNPという言葉ですが、どういう意味かというと番号がそのままで他社に乗り換えができるというサービスですね。

ではなぜMNPで実質0円や一括0円、2016年最新では少なくなってしまったキャッシュバックが適用されるのかといいますと、ドコモやau、ソフトバンクといったキャリアは自社の持っているユーザ数がそのままステータスにもなり利益にもつながります。

また、年間で算出している利用者の純増数を公表する際に数が少ないことは死活問題になります。

MNPは、番号そのままで他社に乗り換えられるサービスですので、MNPで乗り換えると転出元のユーザー数はマイナス1となり、転入元はプラス1となります。

ですのでライバルである他社との比較は単純に2ユーザ分の差がつくことになるのです。

なのでMNPでの乗り換えには、キャッシュバックや端末0円などのサービスがつけられているわけですね。

MNP弾とは?

MNPを行う際には、転出元になるMNPの予約番号が必要になります。

予約番号の発行には、080もしくは090の携帯番号が必要になります。

これらを包括してMNPをおこなうための予約番号および電話番号がMNP弾と呼ばれています。

基本的に最もMNPの恩恵を受けられるキャリアはauとなっており、当たり前ですがキャッシュバックや実質0円等のサービスを受けるには他社の回線からMNPする必要があります。

現在は、MVNOいわゆるMobile Virtual Network Operatorと呼ばれるドコモやau等のキャリアの回線を借りて自社のブランドとして通信サービスを格安で提供する業者があります。

このMVNOを利用すれば、格安でMNP弾を作り出すことができてしまいます。

ですので、MNPの恩恵を最も受けられるau回線以外の回線を提供しているMVNO業者からMNP弾を作り出し、auへ転入するのが最も利益が得られます。

MNPで乗り換えした後の解約方法は?

MNPでMVNOの転出元から任意のキャリアに転入した後は、どうなるのかというと基本的には転入先への転入が完了した時点で転出元の契約は自動的に解約となります。

また、場合によっては転出元から予約番号を発行した時点で解約となってしまう場合もあり、予約番号の有効期間は発効日を含めた15日間となっているので、その間に転入先へ転入しなければ予約番号が無効化されてしまうほか、解約となってしまうため注意が必要です。

しっかりと下調べをしたうえで、MNP弾をつかってMNPをしていきましょう。

無料メルマガの購読はこちら!
無料メルマガ

上記のメルマガでは、ネットビジネス初心者が副業でも毎月10万円以上稼げるジャンルを厳選し、マルチな運営とコンサル指導を実践してきた私が、あなたのライフスタイルに最も適したノウハウを提供します。メルマガ購読者を優先的にLINEでの個別サポートもおこなっています。
その他のご質問やご要望に関してもお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

友だち追加
QRコード
@zaitakuで検索
@まで含めてください

コメントを残す

このページの先頭へ