【MNP】一括0円と実質0円の違いとは?

携帯電話の端末価格には一括0円と実質0円があることをご存知でしょうか?

MNPで稼ぐには、最低でも一括0円の案件を契約しなければいけません。

この違いがあることすら知らなかった方も多いと思います。

実質0円と一括0円の違い


実質0円

2年間継続して使うことで割引で端末価格を実質0円にする


一括0円

端末がタダ(0円)でもらえる


同じ0円でもまったく違いますよね。


実質0円は月々の割引を継続することにより、2年間で実質0円になるわけです。


そして、キャリアにより毎月の割引があります。


これはキャリアにより名称が違いますが、内容は全て一緒です。


各キャリアの割引額



・docomo:月々サポート(月サポ)

・au:毎月割

・SoftBank:月々割





これは機種によって金額が違います。


そして、この決められた金額を毎月使用料金から割引します。


だいたいは、機種の代金÷24回(実質2年間) = 割引額


になることが多いです。


実質0円にもならない案件であれば、トータルの割引額を24回で割ったものを割引してくれます。


docomoのiPhone6の場合


機種代金トータル=73,872円

月々サポート=3,078円

2年間(24ヶ月)×3,078円=73,872円


機種代トータル=月々サポートトータル


こんな感じで2年間で割引をすることにより、必ず2年間使ってもらうようになっているんですね。



では一括0円には月サポは付かないのかというと。。。


これがつくんです!


ですので、一括0円はタダで機種がもらえる上に

割引で何万円分ももらえるため、超お得になっているんです!


これは案件によります。

時期によっても一括0円で月サポもたっぷりついている案件なんてもありますが、

あれば毎月の携帯代をめちゃめちゃ安く出来る節約術にもなりますので、

たまに携帯の案件を覗いてみるといいと思います。



何も知らないで携帯を購入して買う人とそうでない人では

iPhoneで比べると

機種代73,872+割引トータル73,872円

合計147,744円+キャッシュバック分



普通に購入する人とこれだけの差がつきます^^;


これを家族全員でしっかり理解して購入すれば

年間で数十万円の違いがでてきます。


【MNP】をしっかり覚えれば節約も上手になりますネ。



以上、これを見てわかったと思いますがMNPをやる場合に限らず

普通にプライベート用を契約する場合も、必ず一括0円の案件を契約するようにしましょう。

無料メルマガの購読はこちら!
無料メルマガ

上記のメルマガでは、ネットビジネス初心者が副業でも毎月10万円以上稼げるジャンルを厳選し、マルチな運営とコンサル指導を実践してきた私が、あなたのライフスタイルに最も適したノウハウを提供します。メルマガ購読者を優先的にLINEでの個別サポートもおこなっています。
その他のご質問やご要望に関してもお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

友だち追加
QRコード
@zaitakuで検索
@まで含めてください

コメントを残す

このページの先頭へ