ペイパルのアカウント登録とクレジットカードの支払い方法について

PayPal(ペイパル)は、世界190ヶ国で利用されておりユーザー数2億人を誇る
オンラインの決済代行サービスです。

ネットビジネスにおいて、オンライン決済のプロセスをスムーズに行えるかどうかは大事ですし、決済システムにペイパルを導入している場合には、決済を利用するためにペイパルのアカウント登録とクレジットカードの登録が必要になります。

今回は、ペイパルでオンラインを決済をおこなうために必要なアカウント登録とクレジットカードの登録方法について解説していきます。

PayPal(ペイパル)の使い方とクレジットカードの登録方法




PayPal(ペイパル)のメリット

ペイパルは、世界ナンバーワンのシェアを誇るオンライン決済サービスだけあって、メリットもたくさんあります。

世界最大のネットオークションサイトeBayの子会社が運営している決済サービスともあってユーザーからの信頼度も非常に高いです。

最近では、HMV、hulu、NETFLIX、DMMといったデジタルコンテンツだけではなく、ヤマダ電機やHMV、LIONといった小売マーケティング業界もペイパルの決済システムが導入されています。

ほとんどのクレジットに対応

まず、オンライン決済で重要なのが保持しているクレジットカードが使えるか?です。

クレジットカードをJCBやAmexしか持っておらず、購入したい商品やサービスの決済がMasterやVISAしか対応していなかった場合どうしようもありません。

ペイパルであれば、ほとんどのクレジットカードに対応しているのでそのような心配をしなくてすむのでいざというときに安心です。

手数料や年会費が無料

ペイパルの最大の特徴が、国内での決済手数料が無料であること、そして年会費や登録費も掛からずサービスの維持費も掛からないコストパフォーマンスの高さです。

登録も非常に簡単なのでネットビジネス初心者に限らず、ネットショップ等を利用する一般ユーザーからの支持も得られています。

また、販売者側にクレジットカード情報が漏れてしまう心配もないので、安心してオンライン決済を利用することができます。

セキュリティと保護制度

言わずもがな、業界最高水準のセキュリティで個人情報も守られており、24時間365日システムも監視されており、不審なログイン行為があった際は登録してあるメールアドレスに通知が来るようになっています。

また、万が一のために『買い手保護制度』という無料サポートが付帯しており、ペイパル経由で購入した商品に対して問題やトラブルが起きた場合は、補償をしてもらえます。

もし買い手保護を受ける際には、購入してから180日以内という期日が設けられていますので、その期間内に必要な手続きを行ってください。

まとめ

ネットビジネスの決済プロセスでペイパルが必要になるシーンは少なからずあります。

そのような時に慌てなくていいよう、早めに登録だけでも済ませておくと良いですね。

クレジットの登録は後からでもできますし、アカウントだけ持っておいても損はありません。

無料メルマガの購読はこちら!
無料メルマガ

上記のメルマガでは、ネットビジネス初心者が副業でも毎月10万円以上稼げるジャンルを厳選し、マルチな運営とコンサル指導を実践してきた私が、あなたのライフスタイルに最も適したノウハウを提供します。メルマガ購読者を優先的にLINEでの個別サポートもおこなっています。
その他のご質問やご要望に関してもお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

友だち追加
QRコード
@zaitakuで検索
@まで含めてください

コメントを残す

このページの先頭へ