セブンイレブンが沖縄にない理由!店舗が出店されないのはなぜ?

コンビニエンスストアの最大手である、セブンイレブンが国内で唯一の未開拓である沖縄県に進出し、店舗出店することが明らかになりました。

そもそもセブンイレブンが沖縄にない理由や店舗が出店されないのはなぜなのか、このタイミングで進出する理由についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

セブンイレブンの歴史

セブンイレブンの発祥はアメリカのテキサス州で、パンや牛乳を販売する小売店からはじまりました。

その後、日本のイトーヨーカ堂がライセンス契約を受け日本でもセブンイレブンの店舗がオープンしました。

第1号店の豊洲店舗が開店し、尽力したのが今年2月にセブン&アイ・ホールディングスの役職を退任した鈴木敏文氏です。

その後も日本での店舗を増やし続け、沖縄県を除くすべての都道府県にセブンイレブンの店舗が設置されました。

今現在は、セブンイレブン独自の商品を発案し日本最大手のコンビニエンスストアへと成長したセブンイレブン。

しかし、沖縄県にのみ店舗がないのは前々から疑問の声が上がっていました。
[ad#co-1]

セブンイレブンが沖縄にない理由

なぜ、セブンイレブンが沖縄にないのかその理由を調べていきたいと思います。

実は、去年まではセブンイレブンが国内で進出していない県は沖縄県のほかもう1県ありました。

それが鳥取県です。去年の10月に初めてセブンイレブンが出店されることとなった鳥取県は、交通の便があまりよくなく経営における利益の採算が合わないことが出店が見送られた原因だったということです。

そもそもコンビニチェーンというのは、様々な経営戦略が立てられたうえで、ドミナント戦略(フランス語で支配する)を主体としたいわゆる囲い込みが行われます。

ですので、進出する際には単に出店するだけでなく他のライバルのコンビニを圧倒するほどの出店が行われます。

そのためには、県内の小売り・流通系などの企業と接触し、総菜の製造、流通・物流網、出店地域や採算性など販売体制などを緻密に調整する必要があり、それを踏まえた結果沖縄県は、配送コストや生産コストが合わないこともあり出店が見送られていたようです。

しかし、今回今年の2月に代表取締役会長、同社最高経営責任者(CEO)の座を鈴木氏が退任したことで経営戦略が変わったともいえます。
[ad#co-1]

セブンイレブンが沖縄に進出

はやければ、2~3年以内には第1号のセブンイレブンが沖縄県にオープンする予定です。

他のコンビニエンスストアのファミリーマートでは269店舗を展開中で、ココストアの経営統合に伴い、16年度内に300店舗に達する計画もあります。

ローソンは、現在の191店舗から200店舗台を目指すとしています。

今回のセブンイレブンの進出を受けて、ますますコンビニ業界の覇権争いが激化していきそうですね。

まとめ

コンビニなどの小売ビジネスは必ず、製造や流通、配送コストと利益を相対的に考えなければなりません。

また、店舗を設置する場所も緻密に計画することが必要なビジネスです。

ネットビジネスであれば、PCとネットがつながる環境であれば、どこにいても作業をすることができますし、コンビニのように店舗や販売コストの経費も掛からないため、非常に魅力的なビジネスだといえますね。

自身が獲得した売り上げがそのまま利益として計上されるわけです。

実際私も、売り上げに対して経費(コスト)が掛かりすぎないので、どう経費を落とすか毎回悩みどころなくらいです。

私のようにネットビジネスで稼ぐことができるようになれば、社会に縛られずに自由に豊かな生活を送ることができます。

私はネットビジネスを開始してたった1年で現状を変えることができました。私に特別な才能があったわけでもありません。

正しいやり方で継続して行動した結果です。あなたもいまの生活を変えたいと思っているのであれば下記のメルマガから私が今の生活を手に入れるためのノウハウを配信していますのでよかったら下記のメルマガに登録してみてくださいね。

スカイプや問い合わせフォームからの質問もお待ちしています。

無料メルマガの購読はこちら!
無料メルマガ

上記のメルマガでは、ネットビジネス初心者が副業でも毎月10万円以上稼げるジャンルを厳選し、マルチな運営とコンサル指導を実践してきた私が、あなたのライフスタイルに最も適したノウハウを提供します。メルマガ購読者を優先的にLINEでの個別サポートもおこなっています。
その他のご質問やご要望に関してもお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

友だち追加
QRコード
@zaitakuで検索
@まで含めてください

コメントを残す

このページの先頭へ