五月病の症状を診断チェック!原因の対策と治し方は社会人と大学生で違う?


ゴールデンウィークも終わり、五月病が流行りだす時期になりました。

五月病といっても医学的には、五月病という病名はないんですけどね。

五月病というのは、新社会人や新入生等にみられる新しい環境になじめないことに起因する精神的なストレスのことです。

なので、新社会人や大学生とでは五月病の原因が少々違ってきます。

五月病の症状を診断チェックしてみよう


五月病の症状には、以下のような症状があります。

・なんとなくやる気が起きない

・身体が疲れやすい

・物事に集中できずぼーっとしている

・安眠ができない

このような症状がでてくると、日常生活にも段々と支障が出てきて、仕事や学校生活もうまくいかなかったり。

では、なぜこの時期にこういった症状が出やすくなるのか?

それは冒頭でもお話したとおり、新しい環境に適応できていないことがストレスになっているからです。

社会人と大学生の五月病の違い


五月病の原因は、年度が変わる4月からの新しい環境に適応できないストレスが原因であることが大半です。

また、新しい環境に適応しようとして、無意識のうちに肉体的、精神的に疲労が溜まり、

ゴールデンウィークの連休明けにその緊張が途切れることで五月の中頃から症状が出現します。

なので社会人と学生では、少しその原因が違ってくるようです。

例えば、社会人であればまず仕事においての人間関係がこれまでの学生時代とはまったく違います。

これまでどおりの学生のノリでは当然ついていけないでしょうし、加えて仕事を覚えなければなりません。

学生でも、新しいコミュニティグループを形成するためには、コミュニケーション能力が不可欠です。

なので、まずは信頼できる上司や同僚、友人を4月中に作っておくことが大事ですね。

五月病の対策と治し方は?


五月病の一番の対策はストレスを溜め込まないようにするということです。

年度の始めは、社会人や学生であればどんな形であれ少なからず新しい環境へ変わることに伴うストレスはあります。

それがなければ、変化も成長もないということですからね。

適度なストレスは人間を成長させますが、過度なストレスを溜めこむと良いことは1つもありません。

なので、そうなる前にいい意味での自分の逃げ道を作っておくといいですよ。

例えば、学生の方で周囲のコミュニケーションにストレスを感じているなら、一旦それらから離れられる自分の好きなことや趣味を楽しめる環境を作っておく。

社会人の方で仕事や人間関係がどうしてもうまくいかないということであれば、転職や副業で現在の仕事を違う視点から客観的に考えてみるのもいいでしょう。

これからの時代は副業が当たり前の時代になってくるでしょうし、働き方もその人の価値観を尊重したものになっていきます。

なので、まずは自分で稼ぐ力を本業とは別に学んでみると、俯瞰的に物事も考えられるようになってきますし、今の環境だけに依存せずに人生の選択肢を増やすこともできます。

私もサラリーマン時代に副業を学び人生が変わりました。

言ってみれば、毎日がゴールデンウィークです(笑)

では、私がどのようにして自分で稼ぐ力をに身につけたのか?

その答えを私の無料メルマガにて公開していますので、興味のある方は是非、以下から購読してみてくださいね。

無料メルマガの購読はこちら!
無料メルマガ

上記のメルマガでは、ネットビジネス初心者が副業でも毎月10万円以上稼げるジャンルを厳選し、マルチな運営とコンサル指導を実践してきた私が、あなたのライフスタイルに最も適したノウハウを提供します。メルマガ購読者を優先的にLINEでの個別サポートもおこなっています。
その他のご質問やご要望に関してもお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

友だち追加
QRコード
@zaitakuで検索
@まで含めてください

コメントを残す

このページの先頭へ