高卒大卒の新社会人は初任給の平均はいくら?手取り20万以下で年収が少ない

新卒の新社会人の初任給っていくらくらいなのでしょうか。

高卒と大卒では初任給の平均が変わってきますが、手取りが20万円以下になると年収としては少ないという声も多いです。

そもそも総支給額と手取り額の違いが分からないという方向けのために、お給料に関する疑問を考えていきたいと思います。

高卒大卒の新社会人の初任給平均はいくら?

一般的に、高卒と大卒では基本給の額が違いますので当然初任給の額も変わってきます。

厚生労働省の調査によると、平成28年度の新卒初任給の平均額は高卒者の方が16.1万円で、大卒者の方が20.3万円ととなっており、大卒の方の方が高卒の方より約4万円ほど多く受給されています。

では、手取りの額は大体いくらぐらいになっているのでしょうか。

まず説明しておきますと手取り額というのは、給料の支給額額から社会保険と雇用保険、そして所得税及び住民税を差し引いた額になります。

新卒の社会人1年目の年は、この控除額が大体3~4万円くらいになるので、実質銀行口座に入金される金額は15~16万円です。

これはあくまで、全国平均なので地方と都会でも若干の差が出てくるようですね。

新卒者の間では、学生時代にバイトを掛け持ちしてもらっていた額よりも低かったという声やこれじゃ都会での1人暮らしはできないといった不満の声も一部のネット上で挙げられていました。

ただし、新卒1年目というのは会社の利益になるような仕事ができないことの方が多いですから、給与に見合った仕事ができているかと問われれば納得せざるを得ませんよね。

会社側としては、未来のための投資として給与を払っているので、雇われている側は早く仕事を覚えて会社に貢献できる実力を身につけて、初めて給与額がふさわしいかそうでないかを言える立場になるわけです。

どちらにせよ納得がいかないのであれば、自分で稼ぐ力を身につけるしかありません。

手取り20万以下で年収が少ない?

年収というのは、基本的に年間の手取り額ではなく総支給額を指します。

ですので年間の総支給額が400万円以上であれば、手取り20万円は切らないでしょう。

逆に手取り20万円以下になってしまうと、どうしても少ないと感じてしまいますよね。

とはいえ、新卒1年目で年収400万円を超える方もそう多くはないでしょうから節約するか会社が認めていれば副業をやってみるのも1つの手ですね。

また、年収はボーナスが有るか無いかでも変わってくると思いますので、毎月の手取り額が20万円を切っていて少なくてもボーナス分で年収400万円を超えるケースもあるようですね。

重要なのは年収ベースで考え、ひと月の手取り額がいくらになるのか計算してから今後の生計を立てていくといいですね。

別に新卒1年目の年収が少なくても悲観する必要はありません。

これから基本給のベースもアップしていくでしょうし、能力が認められればボーナスの査定もアップするでしょう。

大事なのは、継続することです。

もし、年収アップの見込みがなくても心配する必要はありません。

私のように副業でネットビジネスを始めて起業するまでに至るケースもあるのですから。

そのケースプラクティスやノウハウをを下記の無料メルマガでは余すことなく公開しています。

新卒1年目で100万円の年収アップを目指したいのであれば是非購読してみてくださいね。

無料メルマガの購読はこちら!
無料メルマガ

上記のメルマガでは、ネットビジネス初心者が副業でも毎月10万円以上稼げるジャンルを厳選し、マルチな運営とコンサル指導を実践してきた私が、あなたのライフスタイルに最も適したノウハウを提供します。メルマガ購読者を優先的にLINEでの個別サポートもおこなっています。
その他のご質問やご要望に関してもお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

友だち追加
QRコード
@zaitakuで検索
@まで含めてください

コメントを残す

このページの先頭へ