中国輸入代行のおすすめ業者を比較!関税でとめられた場合は?

中国輸入ビジネスにおいては、仕入の際に代行業者が必須となります。

今回は、中国輸入代行のおすすめ業者を比較しながら紹介していきたいと思います。

また、関税でもしも止められた場合の対処法などについてもお話していきます。

中国輸入代行の選定基準

まず、代行業者を選ぶ際に重要なことを挙げていきたいと思います。

最も重要となるのは、やはり納期までのスピードです。

手数料が安い業者を選びがちになるところですが、仕入れまでのスピードが遅ければ本末転倒です。

対応が早い業者であれば1週間ほどで商品が届きますし、逆に遅い業者であれば3週間ほど掛かった業者もあります。

3週間掛かった方の業者の方が手数料が安かったのですが、案の定納期のスピードが遅かったです。

最終的に1ヶ月に2回回転できるのと1回で終わるのでは、単純に売り上げが2倍違ってくるので、手数料云々とは比較にならないほどの差が出てしまいました。

1番は対応のスピードで、2番目は手数料、3番目にサポート体制でしょうか。

対応スピードについては、見積もりを代行業者宛へ送り、レスポンスの反応を見てみるのがよいですね。

中国輸入代行業者一覧

おすすめの中国代行業者一覧を紹介していきたいと思います。

タオバオSAKURA代行

中国輸入代行HAM

ミサ代行.com

タオバオNO.1

Taobao Line

5つご紹介しましたが、検索エンジンで『中国輸入代行』と検索すると他にも業者が存在しています。

それだけ中国輸入の市場は盛り上がっているということです。

上記の5つは、私も使ったことのある業者て特にトラブル等がなかった業者を紹介しています。

それぞれ、手数料やサポート方法が若干違っているのであとは見積もりやコンタクトをとってご自身に合うものを選んでみてください。

関税でとめられた場合は?

中国輸入代行業者を使うと、関税で止められるというリスクを防ぐことができます。

代行業者は関税の仕組みを熟知しているのでそういったトラブルが起きた際も解決してくれます。

代行業者を介さず個人で仕入れをしている方で関税に輸入商品がとめられてしまった場合は、管轄の税関へ問い合わせましょう。

日本には、9つの税関が存在します。

函館、東京、横浜、名古屋、大阪、神戸、門司、長崎、沖縄の拠点にあります。

輸出入の規制品目はこちらで紹介されています。

下記類全般及び紙幣、貨幣、薬物等々があります。

まとめ

中国輸入代行業者は中国輸入ビジネスでは必須になりますが、直接やり取りできるパートナーが見つかれば代行業者を使う必要もなくなりますし、より商品を仕入れやすくなります。

パートナーを見つける方法については別途メルマガで紹介していますので興味のある方は購読してみてくださいね。

無料メルマガの購読はこちら!
無料メルマガ

上記のメルマガでは、ネットビジネス初心者が副業でも毎月10万円以上稼げるジャンルを厳選し、マルチな運営とコンサル指導を実践してきた私が、あなたのライフスタイルに最も適したノウハウを提供します。メルマガ購読者を優先的にLINEでの個別サポートもおこなっています。
その他のご質問やご要望に関してもお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

友だち追加
QRコード
@zaitakuで検索
@まで含めてください

コメントを残す

このページの先頭へ