FBAと出品形態について

せどりをやっていれば一度は必ず耳にする「FBA」という単語があります。

仕入れた商品を販売する方法はいくつかありますが、最もポピュラーな方法が月間ユーザ数 約5000万人を誇るAmazonを利用して出品する方法です。

Amazonのブランドを借りて個人でお店を出店するイメージです。

FBAとは?

「FBA」とはフルフィルメント by Amazonの略語で

Amazon出品(出店)サービスを利用している出品者は受注管理から発送業務、発送後のカスタマーサービスまでをAmazonが代行するサービスのことです。


大口出品と小口出品

出品者の形態には、「大口出品」「小口出品」2つの形態があります。

「大口出品」は月額4900円の有料となっており、「小口出品」は無料となっていますが、

「小口出品」は、基本成約料として1点につき100円の手数料が掛かります。

対して「大口出品」の方は月額の定額料金で何点売れても、成約料掛からないほか、多数のメリットがあります。


大口出品と小口出品の比較



大口出品者のメリットまとめ

・Amazon上に無い商品のカタログデータを新たに登録し出品することができる。

・出品個数が多数な場合に一括で商品を登録することができ、また注文管理レポートで商品を一括管理することができる。

・購入者へ代金引換、コンビニ決済、Edy払いの支払い方法を案内することができ、柔軟な出品に対応できる。


また、最大のメリットとして、

商品詳細ページ右側「ショッピングカート」

または「こちらからも買えますよ」ボックスへの出品者名表示権限
があり、

この権限を利用することによって商品の売れ方がかなり違ってきます。

以上、簡単に説明しましたが、本気でせどりで成功しようと考えている方は、ぜひ大口出品に登録することをお勧めします^^

無料メルマガの購読はこちら!
無料メルマガ

上記のメルマガでは、ネットビジネス初心者が副業でも毎月10万円以上稼げるジャンルを厳選し、マルチな運営とコンサル指導を実践してきた私が、あなたのライフスタイルに最も適したノウハウを提供します。メルマガ購読者を優先的にLINEでの個別サポートもおこなっています。
その他のご質問やご要望に関してもお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

友だち追加
QRコード
@zaitakuで検索
@まで含めてください

コメントを残す

このページの先頭へ