YouTubeの広告収入で副業するYouTuberになる方法とは?

最近、副業として流行っているYouTube広告収入を得るYouTuberと呼ばれる方たちが増えてきています。

今回は、副業でYouTuberになる方法について解説していきたいと思います。

YouTuberとは?

YouTuberとは、Googleの動画サイトYouTubeに自身が作成した動画をアップロードし、その動画を閲覧してもらった分だけ広告収入を得る人たちのことです。

顔出しをするかしないかで大きく違いますし、YouTuberといっても様々なジャンルがあります。

年収1億を稼ぐといわれているHIKAKINやはじめしゃちょーなど自身が出演する動画を製作しているYouTuber。

トレンドの記事をテキスト形式でスクロールさせ再生させるトレンド系動画を製作する顔出しを一切しないYouTuber。

顔出しをせずに稼ぎたいという方は、後者をおすすめします。

顔出しをせずにトレンドの記事で稼ぎたいという方は、トレンドに合ったタイトルをリサーチし選定する必要があります。

タイトル選定を間違ってしまうとなかなか再生数が伸びないという事態に陥ってしまいます。

YouTuberに必要なこと

YouTuberは動画の再生数により、広告収入の額が変わってきます。

広告収入を増やすためには、動画の再生回数を増やさなければなりません。

そして動画の再生回数を増やすためには、チャンネル登録者を増やす必要があります。

チャンネル登録者とは、いわゆる自分が持っている動画チャンネルをブックマークしてくれるリピーターです。

チャンネル登録者数を増やすには

HIKAKINやはじめしゃちょーなど、年間億単位を稼ぐYouTuberのチャンネル登録者は100万人を超えていますが、副業で稼ぎたいというレベルであればそんなに必要ありません。

1万人ほどのチャンネル登録者がいれば確実に月収10万円以上は突破します。

トレンド系を扱う動画であれば、チャンネル登録者数がいなくても1つの動画で10万円以上稼ぐこともできます。

では、どのようにチャンネル登録者数を増やしていくのかというと一番大事なのはオリジナルのコンテンツを作りブランディングを構築するということです。

ブランディングとは閲覧者側の価値を高めていくということです。

観る人が面白いと思えるオリジナル動画を製作すればブランディングが高まり、チャンネル主のファンになります。

たまにマスクをしながら顔出しせずに投稿しているYouTuberがいますが、当然顔出しのYouTuberの方が親近感もわくので有利です。

YouTubeの広告収入で副業

YouTubeで自分のチャンネルを開設し、動画を投稿すればそれだけで立派なYouTuberです。

チャンネル登録者数を集めるまでは大変ですが、トレンドアフィリエイトのようにサイトを開設する必要もなく、YouTuber用のアドセンス広告なら審査もかなり通りやすいです。

1週間~長くて1ヶ月掛かるトレンドサイト用のアドセンス広告審査も必要ありません。

好きな時間に動画を製作し、好きな時間にアップロードできるため副業で始めているYouTuberも少なくありません。

登録者数が100万人を超えるようなYouTuberは企業からもタイアップを依頼されることも多々あるようです。

それだけ今のYouTubeには影響力があるということですね。

今後ネットビジネスとしてもYouTubeは新たなジャンルとして拡大していくと思います。

無料メルマガの購読はこちら!
無料メルマガ

上記のメルマガでは、ネットビジネス初心者が副業でも毎月10万円以上稼げるジャンルを厳選し、マルチな運営とコンサル指導を実践してきた私が、あなたのライフスタイルに最も適したノウハウを提供します。メルマガ購読者を優先的にLINEでの個別サポートもおこなっています。
その他のご質問やご要望に関してもお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

友だち追加
QRコード
@zaitakuで検索
@まで含めてください

コメントを残す

このページの先頭へ