収入源の平均再生回数が激減?Youtubeの収益を2倍にする方法!

YouTubeの収入源は、YouTubeアドセンス広告が表示されることによる広告表示によって決まりますが、広告の表示回数を増やすためには当然、動画自体の再生回数も伸ばす必要があります。

もし、今後動画の平均再生回数が激減してしまった場合ですが、ある方法で同じ平均再生回数でもYouTubeの収益を2倍にすることができます。

収入源の平均再生回数が激減?

YouTubeでトレンドな話題の動画を扱っている場合、旬を過ぎてしまうと動画の再生回数がどんどん減っていくことが予想されます。

常にトレンドな話題を提供していくのが一番良いのですが、たまにトレンドな話題がなく動画の製作も取り組みずらい状況の時もありますよね。

そんな時でも、チャンネル登録者数が一定の人数入れば過去の動画も再生してもらえますので、以下に安定した収益を得るにはチャンネル登録者の獲得が以下に大事がわかると思います。

しかし、再生回数が一時的に落ち込んでしまっても心配することはありません。

同じ平均再生回数でも収益を2倍にする方法があるのです。

Youtubeの収益を2倍にする方法!

YouTubeの広告フォーマットは4つの広告フォーマットが存在します。



YouTubeアドセンス広告の種類


YouTubeアドセンス広告の種類を1つずつ紹介していきたいと思います。

ディスプレイ広告
ディスプレイ広告は、パソコン上でのみ表示される広告でスマートフォンで再生する場合は表示されない広告です。

PCの画面上の右上に表示されるGoogleアドセンスのような画像の広告となっており、クリックされると収益が発生します。

オーバーレイ広告
オーバーレイ広告は、動画の再生中に動画内下部に表示される横に細長い広告です。

こちらの広告は、PCでもスマートフォンでも表示される広告でクリックすると収益が発生します。

オーバーレイ広告は、広告の×ボタンで視聴者側から表示させないようにできます。

スポンサーカード広告
スポンサーカード広告は、動画に関連するコンテンツや商品をYouTube側が選定し表示させる広告です。

視聴者側に数秒間表示されますが、動画に関連するコンテンツや商品がないと判断された場合は表示されません。

スキップ可能な動画広告
スキップ可能な動画広告は、動画の最初やミッドロールと呼ばれる動画の再生途中に表示される広告です。

スキップされずに最後まで広告動画が再生されれば収益が発生します。

全ての動画をまとめて広告収益化する

収益化の設定については1つ1つ動画に設定することは可能ですが、全ての動画を収益化対象にすることがあらかじめ決まっている場合は、全ての動画に収益化の設定をしておくとよいです。

設定方法については、『クリエイターツール』の『チャンネル』カテゴリー内から、『アップロード動画のデフォルト設定』をクリックします。



上記のように、『収益受け取り』の『広告による収益化』項目にチェックを入れておくと全ての動画が収益化の対象となります。

『広告フォーマット』はすべてのフォーマット項目にチェックを入れておきましょう。

『ミッドロール挿入点』の『ミッドロール自動挿入広告』項目については、チェックを入れておきましょう。

チェックを入れておくことによって、動画内の最適な位置に自動的にミッドロール広告が表示されるようになります。

10分以上の動画でミッドロール広告を任意の位置に手動表示させる


YouTube動画で10分以上の動画は、動画の途中に表示させるミッドロール広告を任意の位置に表示させるように手動で設定することができます。

動画の表示回数に制限はありませんが、あくまでユーザビリティの観点であまり広告の数を増やし過ぎると、動画の再生回数やチャンネル登録者が激減する可能性もありますからその点は注意しておきましょう。



設定の方法については、上記のようにミッドロール挿入点の再生バーの好きな位置を選択し、『広告の挿入』クリックするだけです。

10分以上の動画でポストロール広告を表示させる

YouTube動画で10分以上の動画は、動画の最後にポストロールを表示させるか否かも設定することができるようになります。



設定の方法については、上記のように『動画の後』のチェックボックスにチェックを入れるだけです。

『動画の前』に表示させるか否かについても、チェックボックスにチェックを入れるか入れないかで設定ができます。

15分以上の動画をアップロードする方法

YouTubeで収益を増やす方法として、動画の再生時間を増やす方法も有効な方法の1つです。

しかし、YouTubeのデフォルトの規定では、5分以上の動画はアップロードできない仕様になっています。

この仕様を解除し、15分以上の動画をYouTubeにアップロードする方法について解説していきます。

15分以上の動画をアップロードするには、YouTubeアカウントを認証させる必要があります。

まず、『クリエイターツール』の『チャンネル』カテゴリー内から、『ステータスと機能』をクリックします。



そして、『制限時間を超える動画』の項目の『有効にする』をクリックします。



クリックしたら上記の画面になります。

確認コードを受け取る方法は、『電話の自動音声メッセージで受け取る』と『SMSで受け取る』の2つの方法がありますので好きな方を選択してください。

今回は『SMSで受け取る』の方法を選択していきます。



確認コードの受け取り方法を『SMSで受け取る』を選択し、『電話番号』を入力したら『送信』ボタンをクリックします。

『電話の自動音声メッセージで受け取る』を選択した場合は、入力した電話番号に電話が掛かってきて自動音声で確認コードが伝えられます。



上記画面で、受領した確認コードを入力し、『送信』ボタンをクリックします。



上記のように表示されればアカウントの認証が完了です。

『次へ』をクリックすると、最初の『ステータスと機能』の画面に戻り以下の表示になっていると思います。



以上で、15分以上の動画をYouTubeにアップロードする手順は完了です。

まとめ

上記で紹介した、Youtubeの収益を2倍にする方法は収入源の平均再生回数が激減してしまった場合に非常に有効な手段となります。

しかし、不自然に動画の再生時間を延ばしたり、やみくもに広告の表示回数を増やしたりすることはNGです。

あくまでも収益を安定化させるために一番重要なのは、リピーターを増やすことつまりチャンネル登録者数の獲得だからです。

そのためにも自らユーザビリティを低下させぬことがないよう、広告とのバランスを考えながら着実に収益を増やしていきましょう。

無料メルマガの購読はこちら!
無料メルマガ

上記のメルマガでは、ネットビジネス初心者が副業でも毎月10万円以上稼げるジャンルを厳選し、マルチな運営とコンサル指導を実践してきた私が、あなたのライフスタイルに最も適したノウハウを提供します。メルマガ購読者を優先的にLINEでの個別サポートもおこなっています。
その他のご質問やご要望に関してもお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

友だち追加
QRコード
@zaitakuで検索
@まで含めてください

コメントを残す

このページの先頭へ