マッキーフラッシュが痛い理由はなぜ?原理を動画で検証!

黒のマッキーペンを肌に塗って、iPhoneやスマホのフラッシュを当てるとチクッとした痛みが発生します。

このマッキーフラッシュが痛い理由はなぜなのかと痛みが発生する原理について調べていきたいと思います。

また、マッキーフラッシュの動画を検証するYouTuberたちも続々と現れているようですね。

スポンサーリンク

マッキーフラッシュのやり方

まず、マッキーフラッシュのやり方ですが非常に簡単です。

肌にマッキーペンの黒色を1cmほど塗り、その上からiPhoneやスマホのフラッシュで光を当てるだけです。

ツイッター等でもマッキーフラッシュという呼び名で流行ってきており、YouTuberなどもこぞって動画に挙げています。

あやののののマッキーフラッシュ動画


桐崎栄二のマッキーフラッシュ動画


ラファエルのマッキーフラッシュ動画


やってみた結果、やはりチクッとした痛みが発生するようですね。
[ad#co-1]

マッキーフラッシュが痛い理由はなぜ?

肌を黒くマッキーで塗ってiPhoneのフラッシュを当てるだけでなぜ痛みが発生するのか。

マッキーフラッシュが痛い理由については、黒は光を吸収しやすいため微弱のフラッシュであっても黒の光吸収効果によって光が局部に集中しそのエネルギー熱になって痛みが伴うようですね。

黒は熱を吸収しやすいため、夏場に外で直射日光があたる髪の毛や車のハンドルなど黒色ですのでとんでもない熱さになります。

なので日傘などが黒いのも熱を傘に吸収させるように黒くなっているわけです。マッキーフラッシュも同じ原理ですね。

脱毛器具にフラッシュ脱毛というのがありますが、今回は、スマホやiPhoneの微弱なフラッシュでマッキーフラッシュを行ったことによりチクッとした痛みだけで済んでいますが、脱毛器具などの本格的なレーザー照射でマッキーフラッシュを行った場合はやけどする恐れもありますのでくれぐれも注意しましょう。
[ad#co-1]

マッキーフラッシュはマッキー以外でもできるのか?

マッキーフラッシュと命名されているマッキーで肌を黒く塗り、スマホやiPhoneのフラッシュを当てると痛みが発生する方法ですが、マッキー以外のものでもできるようです。

当然、マッキーフラッシュに大事なのは、フラッシュを当てる場所を黒く塗りつぶすということですね。

この原理を考えるとわざわざマッキーを使って黒く塗る必要はないため、黒のボールペンや墨汁、絵の具などで肌を黒く塗ってもマッキーフラッシュは再現可能です。

マッキーは日常の文具用品のなかでも比較的身近なものであることやマッキーフラッシュという語呂が良いことなどからマッキーが使われたり、この名前になったのでしょう。

まとめ

実際にマッキーフラッシュをやる際には、スマホのフラッシュ以外の過度な照射を当てることは禁物です。

また、肌以外の危険な場所でもやらないようにしましょう。これらを守ったうえで安全なドッキリを仕掛けたらびっくりすること間違いないですね。

マッキーフラッシュは今後も流行の遊びとなっていくことでしょう。

無料メルマガの購読はこちら!
無料メルマガ

上記のメルマガでは、ネットビジネス初心者が副業でも毎月10万円以上稼げるジャンルを厳選し、マルチな運営とコンサル指導を実践してきた私が、あなたのライフスタイルに最も適したノウハウを提供します。メルマガ購読者を優先的にLINEでの個別サポートもおこなっています。
その他のご質問やご要望に関してもお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

友だち追加
QRコード
@zaitakuで検索
@まで含めてください

コメントを残す

このページの先頭へ